問題とは?

問題とは、現状と目標の差異。
すなわち、「実際の姿」と「あるべき姿」の差異である。

そして課題とは、問題を解決するために行動を起こすことを意志表明したものである。

課題形成することとは、主体的に解決する意志を持って行動を起こすことで解決に向かうことである。

問題認識=課題形成をきちんと行わないと結論にたどりつけない。

そうしても、手段を論じて、その手段を使って何を解決したいのかが明確になっていないままに、プロセスを始めてしまうことが多い。

手段、課題解決のプログラムを一生懸命作成しても、何のため、誰のためが明確になっていない。

それは時間の無駄である。